エラ削りをしてみた結果

エラ張りが小さいころからのコンプレックス

エラが張っているということがコンプレックスで、小さな頃から気にはなっていました。
でも大人になるとさらに目立つようになっていると感じるようになり、外出したりするときもどうにかエラが目立たないようにできないかなと、エラばかり気にしていました。
このままでは一生エラに悩まされることになると思い、エラ削りの手術を受けてみたいなと考えるようになりました。
仕事をしていたので、長い期間は休めないし周りにも気づかれるということから、悩みましたが仕事に関して不満もあったので、辞めるタイミングでエラ削りもすることにしました。
いざクリニックに行って話を聞いてみると、やはりリスクも高い手術だということがわかり、悩みました。
でも行く中クリニックに行き話を聞く中で、料金の違いや医師の腕の良し悪しがかなり重要になってくる手術なんだということもわかり、いくつか足を運んだクリニックの中から、最も信頼できると感じたクリニックでエラ削りの手術を受ける決心をしました。
その後も、手術をした後の仕上がりのシミュレーションを見せてもらったりと、納得できるまでしっかり話し合いをしてから手術の日を決めました。

何だ、前田敦子はエラ削りか?
栗山千明と同じバージョンか…。

— ましゃぼん@日坂商店 (@mashabonian) 2018年1月19日

エラ張りが小さいころからのコンプレックス腫れや痺れはしばらくあった可愛いと褒めてもらえるので本当に嬉しい